FC2ブログ

#マツコ・デラックス #立花孝志 問題 をまじめに考えてみた。

#マツコ・デラックス #立花孝志 問題 をまじめに考えてみた。 参考になるやり取りだったので、記事にしました。

maxresdefault (4)



相手:
N国の代表様がマツコデラックスさんの「冗談で入れた人も居るんじゃないの?」って発言にブチキレして放送中に押しかけ謝罪を要求した件。
逆に一人でも居たら貴方が謝罪するの? もっと人が敬意を感じる言動、行動をして欲しいね、話題性とパフォーマンスで政治が出来るほど甘くはないと思うけどね?

マツコ・デラックスが有権者を侮辱した証拠音声
https://www.youtube.com/watch?v=1w6SgR3HBek

まあ居るだろうけが居てもその人も叩かれるだろうし出てこないよな笑 #マツコデラックス も叩く相手をもっと上に設定すべきだった。そもそもN国党 自体 巨悪と戦う少数派 なのにそれを多数派に知らしめる機会を作ってしまったのはうかつだったね。

相手:
マイノリティってのはどの社会でも環境でも必要だと思う。ただ議会に置いては不要とまで言わないけど費用対効果があまり無い。社会が未成熟な時代はパワーバランスを論理が破る事も有ったけど今は天下国家を動かすひとりが出てそこに入り込めるスペースは無い。
マイノリティー(少数派):マジョリティー(多数派)


おー参考になる意見 でもあれよ 同じような構成パターンと配役の人形劇 に大衆すら飽きたし気が付いたのかもね。それに気が付かない支配者層と言えるかな #洞窟の比喩 では、たまたま真実を見たものがーだけど、現代は見に行ってしまう人が増えた。のかもね 見に行けるしね。
洞窟の比喩とは?

https://youtube.com/watch?v=3nylI0o_RmY&t=303s

e6b49ee7aa9fe381aee6af94e596a9.png

#西側 は #民主主義 と #多数決 の決定機関だからねー でも多数決は妥協点で真実じゃないしね。民主主義の限界 を米中対立で 「中国が米国の民主主義を侵した!」と 米国すら暗に認めたからね。
次なる主義 が必要なんだけど見つからないんだろうねー
正確性とスピードが重要な時代になったね。

西側諸国とは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%81%B4%E8%AB%B8%E5%9B%BD

ペンス米副大統領 対中方針演説 2018字幕あり



政治とは?って考えても多岐にわたるが #政局 で考えるとムードって重要だから、巨悪を設定してその被害にあっている人がいる、気づかせる事が成功の秘訣 #スケープゴート(#生贄)と #デマゴーグ(#先導者)の構造は無くならないから #NHK や #マツコデラックス を生贄に推進力は増しているね。

政治とは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E6%B2%BB

#多数決 に関して、もう限界をすでに迎え #サンプリングバイアス 前提条件を書き換えられてしまうと 結論も議論内容もずれる からね。それを中国はしていた。金や各種報酬を使い #親中派 を 増やせば 結果も変わる。 これに対抗するには正確な情報が必要 #トップダウン と #ボトムアップ の融合が必須

人工知能・トップダウン型とボトムアップ型


#認知バイアス #認知の偏り #多数決 は 民衆の妥協点を生み出してきたが、#魔女狩り、#悪魔事件、#ソクラテス #ヘムロックの刑 など 無実の人も処刑した。
皆、効率的に平和に暮らしたいだけだが、その中で 認知もまた歪む それが #平和ボケ だしね。

認知バイアス(認知の偏り)とは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

Djb9KhrUwAEUra7.jpg
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment

FC2USER290303MHZさんのランキング集計結果