FC2ブログ

新型コロナウイルスの重症化はアナフィラキシーショック?アレルギーもちの人が危ないではないか!#コロナ #新型コロナウイルス #感染拡大 #医療崩壊 #メカニズム #パスツール研究所


フランスパスツール研究所の現在まで分かっていることを以下の動画で述べていてちょっと分かりずらいので、まとめてみました。




新型コロナウイルスは20%入院、5%集中治療室とのこと、これは 国際感染症センター長 大曲氏も述べていて大変恐怖を覚えた。

重症化のメカニズム
弱年層が軽度でなぜ高齢者が重症化しやすいのか?
これが面白い話で、ここからがアレルギーやアナフィラキシーショックの仕組みの話になる。
抗原(ウイルスや細菌などの原因)抗体(これに対応する身体の反応のこと)

旧型コロナウイルスに感染した率の問題
つまり若年層より長く生きている高齢者の方が、旧型のコロナウイルス(一般的に風邪)に感染した可能性が高く抗体の獲得をしている。
厚生労働省(15%から流行期で35% は旧型コロナウイルス)
そして今回の新型コロナウイルスも、同等とみなしそれに対しての抗原抗体反のの過剰反応(過剰抗体反応、過剰免疫、アレルギー、アナフィラキシーショック) では無いか?とのみかたなようだ。

アナフィラキシーショック図解
i02_1.gif

画像元
http://www.kawano-clinic.net/allergy/anaphylaxie/index.html

アナフィラキシー(過剰抗原抗体反応)とは
広島県医師会
http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/256/1-2.html
 生体の中に抗原(アレルゲンと呼ぶ)が侵入すると、生体はその抗原に対して特異的な抗体(IgE抗体等)を産生し、再び同一の抗原が体内に入ると抗原抗体反応が起こり、それを除去しようとします。この抗原抗体反応は生体の防御反応の一種ですが、ときに生体にとって極めて有害な反応を引き起こします。この反応は防御反応(phylaxis)と反対の状態を意味する"ana"をつけてアナフィラキシー(anaphylaxis)と呼ばれています。また、アナフィラキシーのうち、血圧が下がってショック状態に陥ったものをアナフィラキシーショックといいます。
 アナフィラキシーの典型的な症状としてはじんま疹、紅斑、呼吸困難、めまい、腹痛、下痢、意識障害などがあげられます。皮膚症状はアナフィラキシーの最初の症状であることが多く、8~9割に生じるといわれています。



アナフィラキシーショックならば
アドレナリン自己注射製剤「エピペン®」というものがあるらしい・

12.jpg
13.jpg

最後に
私もアレルギーもちです。花粉症が発症したときは大変重度で、皮膚病が発祥してから逆に花粉症が発覚したほどでした。その際もステロイド入りの薬で一気に症状が緩和されたのを覚えています。しかし常飲するのはいやなので、体質改善などをし、現在でほとんどでなくなりましたが、どうも今年は花粉の量も多いようで目のかゆみなどが出ています。なので花粉時期での新型コロナウイルスの感染はとてもリスクが高いと思われます。

体感的にいいますと、そのアレルギー症状が感染す感じになるなら大変怖い病気ですね。



スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment

FC2USER290303MHZさんのランキング集計結果