fc2ブログ

【簡単】「グノーシス主義」を形而上と構造主義でまとめてみる。

皆さん、こんにちは、こんばんは、がばちゃんです。

今回はその昔に買い、ずっととっておいた
大田俊寛先生の著作「グノーシスグノーシス主義の思想」
guno-suzu.jpg

という本を読んで、未だ解明されていない事をしり、ますます興味が出てしまったので、まずシンプルに構造面でまとめてみようと思います。
そしてこの本を購入した理由は、「プラトン主義的、形而上学(けいじじょうがく)」で語られているからでした。

しかし今現在検索しましたら、価格が10倍近く跳ね上がっていました(・o・)

それはおいといて、どうも最近エヴァンゲリオンに嵌っても居て、どうもグノーシスとも関連があるそうなので良い機会でした。


それでははじめていきましょう。



グノーシス主義とは?


Wiki https://tinyurl.com/2oc37xlj
グノーシス主義(グノーシスしゅぎ、独: Gnostizismus、英: Gnosticism)またはグノーシス(希: Γνῶσις[1])は、1世紀に生まれ、3世紀から4世紀にかけて地中海世界で勢力を持った宗教・思想である。グノーシスは、古代ギリシア語で「認識・知識」を意味し、自己の本質と真の神についての認識に到達することを求める思想である。物質と霊の二元論に特徴がある。

グノーシス主義は、地中海世界を中心とするもの以外に、イランやメソポタミアに本拠を置くものがあり、ヘレニズムによる東西文化のシンクレティズムの中から形成されたと見られる。
代表的なグノーシス主義宗教にマニ教がある。



グノーシス文章とは?
グノーシス主義の経典や神話などの、文学作品の総称
(参照:書物の破壊の世界史)




WIKIで、気になったポイントは、
反宇宙的「二元論」

道徳面の「禁欲」でした。



反宇宙的二元論
グノーシス主義には様々なバリエーションがあるものの、一般的に認められるのは、「反宇宙的二元論」と呼ばれる世界観である。


反宇宙的二元論の「反宇宙的」とは、否定的な秩序が存在するこの世界を受け入れない、認めないという思想あるいは実存の立場である。言い換えれば、現在、我々が生きているこの世界を悪の宇宙、あるいは狂った世界と見て、原初には真の至高神が創造した善の宇宙があったと捉える。


グノーシスの神話では、原初の世界は、至高神の創造した充溢(じゅういつ)(プレーローマ)の世界である。しかし至高神の神性(アイオーン)のひとつであるソフィア(知恵)は、その持てる力を発揮しようとして、ヤルダバオートあるいはデミウルゴス[10]と呼ばれる狂った神を作った。ヤルダバオートは自らの出自を忘却しており、自らのほかに神はないという認識を有している。

グノーシスの神話では、このヤルダバオートの作り出した世界こそが、我々の生きているこの世界である、と捉えられる。


道徳
物質からなる肉体を悪とする結果、道徳に関して、2つの対極的な立場が現れた。一方では禁欲主義となって顕われ、他方では、放縦(ほうじゅう)となって現れる。

前者は、マニ教に見られるように禁欲的な生き方を教える。後者は、霊は肉体とは別存在であるので、肉体において犯した罪悪の影響を受けないという論理の下に、不道徳を恣(ほしいまま)にするタイプである。

4世紀の神学者アウグスティヌスがキリストに回心する前に惹かれたのは、前者の禁欲的なタイプであったと言われる。



これら二元的構造体と、禁欲

虚構の人格 と 父性主義(パターリズム)と母性主義(マターナリズム)

これらの言葉を解説するのは、今回はさけ、抑圧的と擁護的としましょう。

そもそも宗教とは、政治の原型と言います様に、「多くの人々を動かす装置」としての役割がある。あので、禁欲的内容が有るのは、当時の文化や情勢に起因しているものでしょう。つまり秩序がなく性が淫らな状態でしょうね。

でこれらを、「禁欲が―!禁欲だ―!」という人が信者思考の方ですね。



けいじじょうがく
形而上学的で観る論理構造
ここからは、形而上学(けいじじょうがく)で語られる内容です。
以下引用



「善は神の属性ではない。そうであれば神は、善性を与えることによって善に成ってしまうからだ」
アルビノス

アルビノスは神について直接語ることはできず、ありとあらゆる「属性を捨象することが、神を思惟するための第一の方法である」

引用:グノーシス主義の思想 大田俊寛




この文中のアルビノスの文章では分かりづらいので、属性を階層にわけてみる。

「善は神の属性ではない。」
それ以下に、
イデア界「真善美」
があるので、階層が下がってしまうからだ。



イデア界(真善美)

可視的世界
(我々の世界)

とこうなる。



構造主義的解説

父権主義を抑圧の象徴ピラミッド構造の
三角形△
とする、
対義語の
母性主義を
逆三角▽
としましょう。

辺を合わせればダイヤ型◇

重なれば六芒星✡

二元をクリアしたいのなら180度変えて、
△+△=△

角が気になるならば
形態変化すれば△⇛◯にも出来る。


そもそもグノーシスのシンボルは、あ!(・o・)
◯に✙だった。
Simple.png



ここまでまとまれば、皆さんにもおわかりいただけるでしょう。

私もここから発見がありましたが、ここからは私個人の見解と体系化されにくい世界に成るので明確に語りべはさけますが
そこが分かると、シンボル学など交えて、構造的に物事を見ていくことは知識と成るでなく、物の見方や思考の仕方はこんな世の中では有用で重要なんですよね。

ご好評頂いてる、私の相談などでは、此処から先話などをアドバイスさせて頂いて宜しければお越しください。


ヒントとして以下の重要な図形も貼っておきます。
FcCqhwkaAAEBIr4 (1)



参考文献
グノーシス主義の思想―“父”というフィクション
https://tinyurl.com/2hbu8bub
guno-suzu.jpg



書物の破壊の世界史――シュメールの粘土板からデジタル時代まで
https://tinyurl.com/2kt4ay9d

B07NJQT47Q01SCLZZZZZZZSX500.jpg




















[【簡単】「グノーシス主義」を形而上と構造主義でまとめてみる。]の続きを読む

【禁断】エヴァンゲリオン 神と人、親と子の劣等感 エディプスコンプレックスを元宗家の子女が語る。1

【禁断】エヴァンゲリオン 神と人、親と子の劣等感 エディプスコンプレックスを元宗家の子女が語る。1

#エヴァンゲリオン #エディプスコンプレックス #エレクトラコンプレックス


本日も、#エヴァンゲリオン に観る。
神と人、親と子の劣等感、#エディプスコンプレックス #エレクトラコンプレックス から語ってみました。

BLOGの原文はこちら⇩
【禁断】エヴァンゲリオンとエディプスコンプレックス【神と人、親と子】
https://gavagava.blog.fc2.com/blog-en...


エヴァンゲリオンでリスト作成いました。

エヴァンゲリオンと神と人親と子、心理、哲学からの考察

エヴァンゲリオンと神と人親と子 でリスト作成いたしました。

エヴァンゲリオンでリスト作成しました。
どうぞ有効活用してください。

エヴァンゲリオンと神と人親と子、心理、哲学からの考察

【禁断】エヴァンゲリオンとエディプスコンプレックス【神と人、親と子】

【禁断】エヴァンゲリオンとエディプスコンプレックス【神と人、親と子】


エヴァンゲリオンに描かれる、碇シンジと碇ゲンドウ親子の葛藤

r1280x720l.jpg


まさにフロイト心理学のエディプス・コンプレックス、親子関係の心理学なので、今回も元宗教家の息子として生まれた私が、解説していこうと思います。




エディプスコンプレックス
エレクトラ‐コンプレックス

コトバンクでは
https://tinyurl.com/2gkzl5sa

精神分析学のフロイトが用いた語。男の子が無意識のうちに同性である父を憎み、母を性的に思慕する傾向。また、女の子が母を憎み、父を思慕する傾向をあわせてさすこともあるが、後者は特に「エレクトラ‐コンプレックス」といって区別する。エディプスが、父とは知らずに父を殺し母を妻とした、というギリシア神話「エディプス王」にちなんでフロイトが名づけたもの。→エレクトラコンプレックス。




ウィキペディアでは
https://tinyurl.com/2kaah37j
でた!エヴァンゲリオンっぽい(・o・)
Oedipus_and_the_Sphinx_MET_DP-14201-023.jpg
※ギュスターヴ・モローによるスフィンクスとオイディプス

エディプスコンプレックスとは、母親を手に入れようと思い、また父親に対して強い対抗心を抱くという、幼児期においておこる現実の状況に対するアンビバレントな心理の抑圧のことをいう。

フロイトは、この心理状況の中にみられる母親に対する近親相姦的欲望をギリシア悲劇の一つ『オイディプース』(エディプス王)になぞらえ、エディプスコンプレックスと呼んだ(『オイディプス』は知らなかったとはいえ、父王を殺し自分の母親と結婚(親子婚)したという物語である)。





親と子と神と人、聖と生(せい)の葛藤
宗教家や信仰者は、崇高な祈りの儀式の後に、生活のためのありきたりな日常に戻る。この落差、落差の中に、落胆と空虚そしてそれが過ぎれば絶望へと変化していく、心には常に悲歌が流れ、乾いた風が傷口をジワジワとくすぐる感じだろうか、【概念の籠の鳥】【終わりなき日常を送らされる】そんな閉塞感の中に知らずして閉じ込められる。
これは心理側面的観測だが、あまねく宗教家の無意識を支配するのだが、昨今それが吹き出しているのが、皆さんの社会情勢でもご覧になられる。統一教会、創価学会問題などにも見て取れるわけです。


そもそも宗教はこの教えは「うちらの奇跡は良いものです!」と良いこと言いすぎての落胆を起こさせてしまっている。
一般的に言えば「ハードルを上げすぎ」ですね(笑)

そして、メタファー 比喩 を「比喩です!」とちゃんと説明できてないので、物語というファンタジーを見せてしまっているとも言える。

「信心が足りない!」と言うならそれは一極面の感情に向けさす、とどまらせるなら、それはアンカリングで宗教家の悪い手口だ。



宗教がすべき本質的救済

少なからず人の心には、喜怒哀楽が存在する。
宗教は、喜怒哀楽を有る種、超越することに有る。

人に喜びを与え
人の怒りを治め
人々の哀れみを弔い
人に楽しさを与える。

そしてこれを扱い、そしてそれを超えさせることに有るのだろう。

つまり、悟りとは、人々の【欲望と葛藤】とはまったくもって別の空間にある。
つまり、現在のどの宗教組織も社会も欲望と葛藤を繰り返している以上、そこに宗教や社会の悟りは起こるわけはない。つまりそこでは悟りたるものは得られないということです。

つまり宗教団体に「悟りたい!」と属している時点で、「そこでは悟れない」という自己矛盾が発生し、必然と、【欲望と葛藤】が現れる。

そして、エヴァンゲリオンもよく見ていると、「自作自演の文明の発展の終局を迎えての破滅」人々は合理の末に破滅を迎えてしまう
バビロンも神を憎み文明を発展させる。そして自滅していく、つまり教団はおろか社会も自滅していく運命なのでしょう。

形あるものはすべて壊れるつまり【諸行無常】


東日本大震災の際に故西部邁先生は
「文明が盤石ではない自然には勝てない事に人は安堵した」
と残した。一見不謹慎に聞こえる発言だが、被災者だった私は納得した。

つまりそれも【諸行無常を指し示した話】だったと


構造主義的解説
まず、構造主義はwikiでまともに説明を読んでも難しいでしょうから、私が説明しますと、【家の設計図、プラモデルの説明書】という事です。
つまり設計図がしっかりしていないと、ちゃんとした家は建たない。説明書がしっかりしてないと、プラモデルも作りづらい。

つまり今の宗教団体は愚か、教義を愚者によって改ざんしてしまった設計図では、ちゃんとした、人の信仰心によるその宗教団体の家は建たないということです。

これが常々起きているわけです。

なので早かれ遅かれ、統一教会、創価学会問題のような問題は産出し、破滅していくというわけです。




我が兄のオイディプス・コンプレックス
ここからは私が兄に見たオイディプス・コンプレックスを書いていこうと思います。

父は代々大きな法人の会長職、容姿端麗、物静か 勿論女性会長や信者さんなどの異性ウケがよく、良い意味で、静かなる独裁者のような男だった。

その功績や立場や重責に兄は憧れと恐れを抱いていた。

私はその歪な親子関係を長らく歯がゆく思っていた。

そしてその兄のフラストレーションは、弟を初め家族親族信者にときより向けられていた。

そしてやがてその兄のオイディプス・コンプレックスに巻き込まれていくのでした。エヴァンゲリオンの負の部分を凝縮したような男だった。

それと本山との戦いも実は密接な関係があるのです。

私は末っ子の三男として家族を見上げ冷静に眺めている子だった。
そして彼らが、苦境に立たされた時に、何故、相手が宗教団体であっても、私が立ち向かったか?
それは上記で書かれているように、本山が教義をないがしろにしていたのは明確で、そして、その昔の交通事故の際に、走馬燈を見せられ、死を覚悟させられたからです。

敵のおぞましいビジョンを見て、口上を述べた際、武者震いが起きた。エヴァンゲリオンで言えば、使徒化するかのように、それを見ていた親族すら、「大丈夫!?」という感じだった。

宗教家の私が出した宗教への結論は
【宗教は世界であり信仰とは、命を掛けることである。】
そして体現をせざる負えなくなる。

しかし、その戦いも私には、敵は非常に弱かった。所詮【欲望と葛藤にまみれた異端】でしか無いからです。
それより強敵だったのは、家族親族、彼らの心の葛藤と迷いでした。

兄の葬儀の際に
「宗教と組織に誑かされた末路がこの姿」
と私が言葉を残した。

しかし、父が他界し、一月も経たずに、兄が他界した。
十中八九「お父さんが連れて行ったんだね」
と言われた。
私も異論はない。

信仰に命をかけたなら宗教家らしく、それで良い人生だったと今では思える。


私は、三男で性格の真逆の寡黙な父とよく話をし、参考にしていた。

今回思い出した言葉は
【真面目な人は怒らせるな!怒ったら怖いから!】

【親分は日頃パシっても良い!しかし困った時は必ず助けてやれ!】

【人助をたすけるとは、自らの命を神に捧げることだ】

でした。

余命半年で会長職を努め、その弱った彼を蹂躙する異端本山の担当者と反乱分子、

さあ皆さんならどういたしますか?

私でも家族の【迷いと葛藤)と言う強敵と立ち向かう中で、その状況を与えた神に神意をとう祈りを捧げた。

っそして、一週間も経たずに、敵の教唆主犯格が転落死をした。

父を片っ端から論破して、異端教団洗脳を解き


聖地倒壊、教団トップの転落事故と病気

神意は明らかであった。

しかし教団は所詮人のなす事、審判会でも誤った決断を下す(笑)

私達が出てからも、全国紙に載る横領事件を起こしていた(笑)

本音言います【マジで分かってない愚か者が運営してます!】

神と人親と子の関係が運営者と信者にも有る。

しかし、現在の運営者は神は崇めていない。悪魔です。
なのでこの信者はその悪しき親を打つことが使命となるのです。
つまり使徒化するのです。


そして、私は親を論破しましたが、以前より気づいてましたが、
彼の通ってきた生き方 と、【人は心だぞ】と耳にタコが出来るほど言われた。その言葉を、今現在、心理を語るものとして、
【流石だな親父】と思いますし。

父が言う【真面目な人を助けろ】の台詞は、親父自身だったと(笑)

何という自作自演なのだろうか
流石親父だ(笑)

兄はこんな冗談も言えないような、父への尊敬と葛藤に生きていた感じでしょう。

しかし、最期、一信仰者として、数奇なことに、父に連れられ、召されたのだから、信仰者としては、本望だと思う。

そんな生真面目過ぎてオーバーロードしていた不器用な兄に上記の文を捧ぐ

【簡単】かんたんな言語学

【簡単】かんたんな言語学


気になったつぶやきと反応から、動画化してみました。

私の詳細や依頼などリンク集

※ブログランキング

※ポチっとな PVアクセスランキング にほんブログ村

YouTube総合再生リスト

人気の再生リスト

人気の再生リスト

プロフィール

GaVaちゃん

Author:GaVaちゃん
元宗教家(昨今話題のいずれの教団とも関わりないですが、日本では歴史ある著名な宗教)の教団幹部として、多くの方の人生に関わってきました。
同時に、私自身の人生の経緯から東西の哲学・心理学を修めざるを得なくもなり、結果的に、人の心や行い、世の中に起きるさまざまなできごとを観る目を培うことができました。

宗教を離れてからも、有償・無償で人生相談、カウンセリング、それに準ずる活動をほぼクローズドで行ってきましたが、今後はSNS経由でも、ご要望ばあればお応えしていきたいと思います。


〈お応えできる内容〉
・集団ストーカー対策から
・恋愛♡相談、
・家族問題、
・SNSでのイザコザ、
人生をより豊かにスムーズに生きるために持っておきたい知識と知恵のアドバイスなど、
特に「相手」の存在するトラブルの解決については、
皆さまのお気持ちも汲ませていただきつつ、感情だけでは済まされない部分についても合理的・現実的・戦略的な知恵と具体的な方法論、行動指針を超実戦レベルでお伝えします。

・議論講座
本当に知りたい方だけ覚悟を有します。


得意ジャンル 哲学|心理学|社会学|戦略学|危機対応


・ディベートや論法、交渉代行も行ってます。 心理哲学の質問等はRTやDMもOKです。※ご依頼はツイッターのDMまで

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBLLTfH1K8HYedyW14gDkpw


ツイッター
工事中


配信ツイキャス
工事中

ツイッター

検索